忍者ブログ
プロフィール
HN:
mimicn
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
ピッコロ狂人。数学廃人。
最近お菓子作りにはまってます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/01 mimicn]
[03/11 みくりや]
[04/06 Aquid]
[12/07 Vanias]
[10/23 Aquid]
[10/21 Vanias]
[10/10 lerno]
[09/07 ふぁい]
[08/27 Co]
[08/26 Vanias]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は親から仕事を受けていて、それを学校でこなしていたために帰宅が遅くなった。

およそ9:00頃。
目白駅付近のある小道を歩いてると、なにやら宴会の様なにぎやかな音がかすかに聞こえてくる。
その音に誘われて、疲れた足を1歩ずつ前に出しながら音の聞こえる角を曲がる。
そこに彼らはいた。

彼らは三味線のような楽器をもって、3人集まって練習していた。
なにやら1人はまだ初心者のようである。
彼らは練習の中で沖縄民謡的な曲-その中に有名な『島唄』もあった-を弾いていたので、つい足を止めて聴いてた。

『ちょっとこれさわってみる?』
彼らの1人が俺に話しかけてきた。
三線(さんしん)と呼ばれる、外見三本の糸が張られた三味線に似た沖縄民族楽器だった。
少しさわったのだが、やはり弦楽器は俺には合わないのだろうか。
なかなか難しかった。

彼らは、しばしばこの場所で集まって練習しているらしい。
三線には流派があり、本来は先生についてやるものだが、彼らは独学で弾いている。
曰く、邪道な弾き方らしい。
彼らがそれでも集まって練習する目的は、
『楽しみたいから。』
そして、この日その音に惹かれてやってきた俺。

また、ちょっと練習を覗いてみたいと思っている。
PR
参考はウィキペディア。

いろんな楽器には、通常とは異なる方法で、普通の吹き方とは違った音を出すことが出来る。
例えばフルートならば、「タング・ラム」と呼ばれる奏法が有る。
これは通常開管構造を持つフルートの歌口の部分を唇で覆ってタンギングすることで閉管構造の楽器に無理矢理する。
物理に少し詳しい人なら察しがつくだろうが、こうすることで波長がおよそ2倍に増え、瞬間的に通常のおよそオクターヴ下の音(厳密には約長7度)
巻き舌によって連続してタンギングすれば低い音を伸ばすことも可能である。

他にも、管楽器1本で二つ、三つの音を出したり(1人デュエット、1人トリオが可能☆)

*ギター属の特殊奏法*
歯で弾く
燃やす
破壊する

*ピアノの特殊奏法*
燃やす
蓋を完全にはずしたピアノを2台並べ、間に卓球のネットを張り、ラケットとピンポン球を使い卓球をする


……な、なんて使い方しやがるんだ(汗)
燃やすってなによ;






*人声の特殊奏法*
意味のないことまたは何かを歌わせる又はしゃべらせる
頭おかしいんじゃねーの?
方言や俗語・放送禁止用語などを使い歌わせる又はしゃべらせる
何をしゃべらせるつもりだよ!
怒鳴る、叫ぶ、泣く、笑う、力む、唸り、驚き、声を潰す、怒るなど
それは単なる表現技法じゃないのか?
唇のピチャピチャという音
汚いです!
イメージを付した声:例えばデスピーナが偽の医者になったときの声
演劇部にでも行け!
ブーイング
礼儀をわきまえろ!
生理的な声:例えば咳をする声、嘔吐する声、エロティックな喘ぎ声など
…ひでぇ;


…これはひょっとしてギャグなのか?;
8/15~8/18まで長野は志賀高原で、志賀高原サマーミュージックキャンプにいってきました。

書くことが多くて、ゆっくり書いていこうとおもいますが、とにかく1番驚いたことは…

3日で木管8重奏を通せるようになるのはすごいです!

音楽愛好者、このキャンプはお奨めです!
純正律と平均率のピッチの差を計測中。
こんなことしかやること無いのか俺(^^;)
-*-*-*-*-
それはそうと、最近手芸にこり出した。

材料費1500円...高ぇな(汗)
ユモレスクの編曲がなかなか進まない(泣)

とりあえずトランペットの音域でつまずいた。
ウェブで調べりゃ一発だろうけど、あえて部活の友達に聞いてみる。
つーか吹かせるために作ってるんだしー
忍者ブログ [PR]